どんなことが探偵に相談できるのか

何か悩みや困ったことがあり、どこに相談すればいいかと考えた時、探偵事務所というのがあるのを知ったとします。
その時、もしかしたら「自分の相談は探偵にすべきことなのか?」とお考えになるかもしれません。
基本的には何でも相談してみてよろしいかと思います。
但し、もちろん探偵にもできることとできないことがあります。
探偵にはどんなことが可能なのか?ご自身の相談相手として適しているのか?
そういった方々の参考になるよう、下記に項目を挙げてみたいと思います。

探偵にできること

(1)尾行・張り込み・撮影を用いる調査

例)浮気調査、素行調査など

配偶者や婚約者、交際相手の浮気を疑っている、悩んでいる方には「浮気調査」というものがあります。
浮気調査は配偶者・交際相手など調査対象者を尾行・張り込みして浮気をしているかどうか確認し、クロなら証拠を集めていきます。
不正が疑われる従業員や、取引をする相手の行動や会った人物などを調査するのは素行調査と呼ばれ、浮気調査も配偶者や恋人の行動や会った人間を調査するという意味では素行調査と同様です。
また、撮影により証拠をおさえるという調査もありますが、嫌がらせ行為やストーカー行為の証拠をおさえるケースなどで使えます。

(2)居場所を突き止める調査

例)所在調査・家出人調査・人探しなど

対象者の居所を突き止めるのが基本となる調査で、いろいろな呼び方があります。
突然失踪した家族、子供の家出、浮気相手ができて別居中の配偶者、行方のしれない詐欺の加害者などが対象者となります。
別居中の配偶者の浮気調査をしたいと思っても、その居所がわかっていなければ調査が進みませんし、連絡も居場所もわからない詐欺の加害者を訴えるためには居所を掴んでいる必要もあります。

(3)情報を得る調査

例)結婚調査、身元調査、勤務先調査、企業信用調査など

行動や証拠を得るよりも、対象者の「プロフィール」に関する情報を得たい場合に適した調査もあります。
「交際している相手と結婚するべきかどうか」「結婚したいけど相手のことをもっとよく知っておきたい」などという時は「結婚調査」が可能です。
結婚調査では相手の家族構成や出身・学歴などを調べます。
また、インターネットを通じて知り合った交際相手などの素性をちゃんと知っておきたい場合や、配偶者の浮気相手の素性を知っておきたい場合は「身元調査」が可能です。
また、勤務先を調べる「勤務先調査」は尾行によって突き止めることが多いです。
取引先となる企業の信用を計ろうと思った場合、「信用調査」が有効です。

ページのトップへ戻る