探偵の七つ道具

昭和の時代の探偵には探偵の七つ道具と呼ばれた探偵が常時、持ち歩くべき道具がいくつかありました。

探偵によっても多少の違いがあったかもしれませんがまずは一眼レフカメラと小型のカメラ、手帳とペン、単眼鏡、マイクロカセットレコーダー、トランシーバーなどが挙げられたかと思います。

更にカメラで使用するフィルムも感度の違う物を数種類、また一眼レフカメラの望遠用のレンズ、探偵によってはコンクリートマイク等も持っていたとのです。

更に簡単な変装用の上着やメガネ、更に地図なんかも持ち歩いていることは結構あったと言われています。

以上の道具を持ち歩くとなるとなかなかの荷物となり、それなりのバックに詰め、重たい思いをして尾行、張り込みの現場に赴いたものです。

現在ではカメラもデジタル化が進み、小型カメラひとつでも望遠がかなり効くものも出回り、スマートフォンでも代理として利用することは可能となってきています。

更に交換フィルムも持ち歩くことは無くなりましたし何枚でも撮れるのは助かります。

しかも小型のビデオカメラの進歩にもめざましいものがあり、長時間も持つものも出まわっています。

またマイクロカセットテープでもICレコーダーの進化で小型化、長時間録音が可能となり、手帳代わりに利用できます。

地図においては重たい書籍で持ち歩くことはなく、スマートフォンからも地図アプリで詳細のものが簡単に見てとれます。

ですからカメラとICレコーダーは小型軽量化したものを各1台、望遠レンズやフィルム、地図も持たなくなり、せいぜい単眼鏡と変装用のメガネと代え上着程度となり、小さめのバックでことが済むようになったのも大きな違いです。

確かにトランシーバーを装着する場合もありますが携帯電話のグループ電話での代用がきくように成り、これもまた大きな変化と言えるでしょう。

また以前の探偵は尾行調査では必ず小銭を用意していたものです。

しかし、今ではスイカなどの交通カードでほとんどの路線が対応しており、現代ではせいぜい対象者が定期券を利用し駅を通り抜ける際に注意をする程度の状況です。

これだけ以前と比べ、探偵の七つ道具が少なくなったのは探偵としても大助かりですが尾行、張り込みと言う調査方法は以前から変わらずにアナログそのものです。

調査対象者を待ち続け、確認したら追跡を開始、どのような状況になるまでを目視しながら尾行していくのです。

当然、どこかの施設にはいれば規模にもよりますが出入口で待ち続けるという張り込みをします。

これまたアナログ的な手法です。

しかし、車の尾行については大きく変化しました。

GPS発信器の開発です。

対象者車両に装着しておければ、たとえ見失ったとしてもその後に発見することが可能となり、そのまま尾行が継続できるようになりました。

この技術は探偵にとって驚くべき進化となっています。

何しろ以前の車の追跡は一度、見逃してしまうとそれはその日の調査の終了を意味していました。

特に東京などの大都会ではどうすることもできませんでした。

こちらの探偵車両が信号に引っかかってしまうだけでも高い確率で見失っていたのです。

何しろ大都会では車の量と信号機の多さははんぱない量です。

以前の探偵はそれでも運転技術を学び、多少、信号無視などの交通法規に違反しようとも自己責任が頑張ったものでした。

このGPS発信器は調査業界の革命と言ってもも過言ではないでしょう。

ただこのGPS発信器は配偶者や子供、会社からの依頼で営業車に装着するのは問題ありませんが第三者の車両に無断で装着するといろいろと刑法に抵触、処罰の対象となります。

現代の探偵ではデジタル化の進化に伴い七つ道具もいろいろと変貌してきましたが調査の基本となる尾行、張り込み、聞き込みは以前と同様にアナログそのものです。

どんなに科学的に進歩してもこの尾行、張り込み、聞き込みの携帯はしばらく変わることはなく、経験がものを言う探偵の技術なのでしょうね。

ページのトップへ戻る